• エントリー
  • FAQ
  • facebook

先輩社員を知る遠藤 紗弥佳

“担当金融機関代理店において、1つでも多くの商品を採用いただき販売拡大につなげていく”

窓販営業推進部

2013年度入社

遠藤 紗弥佳

SAYAKA ENDOU

しんらい生命に入社を決めた理由

前職にて個人保険営業、銀行窓販営業を経験し、この経験を今後も活かしていきたいと考えていたところ、フコクしんらい生命に出会いました。フコクしんらい生命の商品を都市銀行へ出向していた頃に取り扱っていたこともあり、馴染みがありました。
とはいえ、転職する時には息子もまだ2歳と小さかったため制約も多く、仕事面において周囲に迷惑をかけてしまうのではないかと不安も多かったのですが、面接の際に、女性が仕事と家庭を両立することの大変さを理解している社員も多いという話を聞き転職を決めました。

遠藤 紗弥佳

現在の業務内容とやりがい

窓販営業推進部には営業推進G、業務G、営業教育Gと3つのグループがあります。私の所属する営業推進グループには各地区担当がおり、それぞれが金融機関代理店への営業を行っています。 商品を採用していただくための提案をしたり、代理店での販売推進や販売していく上での運営方法などについてご相談に応じてさまざまな提案をさせていただいたりしています。また、販売推進の一環として、商品を販売していただく担当者さまのレベルに合わせた研修や各支店別の勉強会なども行っております。この仕事の一番の醍醐味は、商品を採用していただき、販路が拡大していくことで、当社と代理店が互いにWIN-WINの関係を築いていけることです。そしてその関係を日々の営業活動で構築していくことにやりがいを感じます。

遠藤 紗弥佳
遠藤 紗弥佳

職場の雰囲気、一緒に働く同僚について

ワンフロアの中にほぼすべての部署が入っているため、上司だけでなく、他部署にもすぐに相談ができる環境にあると思います。また、入社前に気になっていた仕事と家庭の両立については、ランチの時間を使ったママ会があり、その場でお互いの近況報告や相談をすることもできるため、安心して働ける環境だと感じますし、恵まれていることを実感します。
現在一緒に働いているメンバーは、営業としてさまざまな経験をしてきた、いわば営業のスペシャリストばかりです。その中で働くことで、常に成長することができる環境だと思います。また、転職者も多く、モノの捉え方、考え方の違いや、営業手法にも違いがあるのでそれぞれの良いところを取り入れていくのも楽しみのひとつとなっています。

遠藤 紗弥佳
遠藤 紗弥佳

1日のスケジュール例

  • 7:00

    保育園へこどもを預ける
  • 8:30

    出社
    メールチェック
  • 9:00

    アポイントメントとり
    営業先へのアポイントメントをとる
  • 10:00

    研修準備
    研修資料の確認や準備を行う
  • 11:00

    代理店訪問(1件目)
    金融機関代理店訪問のため外出
  • 13:00

    昼食
    1件目の代理店訪問を終え、遅めの昼食
  • 15:00

    代理店訪問(2件目)
    別の代理店へ移動し17時まで商品販売研修を実施
  • 17:30

    退社
    代理店から直帰

今までのキャリア

2004年4月
国内大手生命保険会社入社
2008年4月
都市銀行へ出向
2009年4月
国内大手生命保険会社
2013年4月
入社 窓販営業推進部 営業推進グループ

オフの日のすごし方

子どもを連れて公園で走り回ることが多くなりました。子ども中心の生活ですが、一度主人に子どもを任せ、一人で昼間からオシャレなカフェでワインを飲んだことが忘れられません。

しんらいの良いところ/悪いところ

役職員の交流の場があるのはいいことだと思います。仕事中はなかなか話す機会がなくても、ランチミーティングなどの役員や違う部署の方と話をする機会があり、その後のコミュニケーションに繋がっています。

遠藤 紗弥佳
新卒採用エントリー