• エントリー
  • FAQ
  • facebook

先輩社員を知る福田 隆一

“各分野のプロが集まる環境に恵まれ、日々刺激を受け、やりがいを感じています”

財務部
証券投資グループ

2009年度入社

福田 隆一

RYUUICHI FUKUDA

しんらい生命に入社を決めた理由

フコクしんらい生命が誕生して1年目に、外資系の投資顧問会社から転職をしました。
フコクしんらい生命は、これまでの生命保険業界にない革新的なビジネスに挑戦し、成長し続けている会社です。自分がその一翼を担うチャンスにめぐり会えたことは、とてもラッキーなことだと思っていますし、刺激を覚えています。
また、前職では、外資系投資顧問会社という性質上、短いスパンで結果を出すことが求められていましたが、生命保険会社では、お客さまに安心を提供し続けるために長期的、安定的な経営を行うことがミッションとなり、同じ資産運用の仕事であっても考え方や取組み方が異なります。今は、新しいビジネスに関わる醍醐味を感じると同時に、じっくりと情熱を持って仕事に取り組む面白さも感じている毎日です。

福田 隆一

現在の業務内容とやりがい

私が在籍する証券投資グループは、お客さまの保険料を運用するのが主な仕事。フコクしんらい生命は右肩上がりに成長している会社だけに、お客さまからお預かりする金額も膨大なものになります。その大切なお金を預かり、有利な投資先を見つけるのは、ダイナミックで、やりがいを感じる仕事です。
それと同時に、国債や社債に投資することで、国や企業のファイナンスの一部を担っているのだという喜びもあります。
そして忘れてはならないのが、社会的意義の大きな仕事をしているということ。当社のメイン商品である年金保険は、公的年金の問題が取りざたされる中で、非常に重要な役割を持っています。お客さまの豊かな老後の一翼を担っているのだと思うと、責任は重大ですが、やりがいを感じます。

福田 隆一
福田 隆一

職場の雰囲気、一緒に働く同僚について

会社全体としては、良い意味でも悪い意味でものんびりしているところがあります。もっと切磋琢磨して、刺激的な会社に育っていきたいものです。
もうひとつの課題が、部署と部署の繋がりを強くすること。フコクしんらい生命には、営業、運用、商品開発、システムなど、それぞれのプロがいます。これは非常に大きな力ですが、横のつながりは、まだまだ弱い。これからは、プロとプロがタッグを組み、それぞれの豊かな経験や発想を合わせて、さらなるステージへ進んでいきたいと思っています。私が携わった「中期経営計画プロジェクト」では、各部署からプロジェクトメンバーを選出し、部署の垣根を越えて議論を進めました。こういった試みを重ねることで、私たちはさらに強くなれるのだと確信しています。

福田 隆一
福田 隆一

1日のスケジュール例

  • 8:00

    出社
    メールと当日の業務の確認
  • 8:30

    情報収集
    市場の動向の確認や、情報収集を行う
  • 9:00

    有価証券の売買
    市場の動向や前日の新契約の状況を基に証券会社と価格交渉を行いながら有価証券の売買を行う
  • 11:30

    昼食
    部署に関わらず仲間と、仕事の話や趣味の話をしながら昼食をとる
  • 12:30

    情報収集
    市場の動向の確認や、情報収集を行う
  • 13:00

    有価証券の売買
    市場の動向や前日の新契約の状況を基に証券会社と価格交渉を行いながら有価証券の売買を行う
  • 15:00

    取引内容の入力
    その日の取引内容をまとめ、証券管理グループに連携し、取引の決裁を行う
  • 16:00

    勉強会
    証券会社主催の勉強会に参加し、業務に関する知識や情報を日々アップデートする
  • 17:30

    翌日の準備
    翌日の業務に向けて準備を行う
  • 18:30

    退社
    新宿や池袋などの繁華街へ繰り出す

今までのキャリア

1995年3月
経済学部経済学科 卒業
2006年7月
外資系投資顧問会社 資産運用業務
2009年5月
入社 財務部 証券投資グループ

しんらいの良いところ/悪いところ

歴史が浅く、社員数も少ない会社ですので、個々人の職責は大きくなると思います。高い使命感を持って仕事に取り組むことで、自分が活躍する未来を描ける会社だと思います。

一緒に働きたい後輩はどんな人ですか?

仕事にプロ意識が持てる人。マーケットで戦うには、スキルアップを常にしなければならず、日々刻々と変わる世の中をキャッチアップしていかないと乗り遅れてしまいます。

福田 隆一
新卒採用エントリー